韓国の国民食とは!?~韓国チキンの独自の発展と成長~

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

こんばんは!

以前のブログに書きましたが、私は韓国の「漢江」が好きです。

春夏秋冬、季節毎にさまざまな顔をみせてくれます。

そんな漢江では、いつもピクニックを楽しそうにしている人たちがたくさんいます。

その中で、最も羨ましい姿は、チキンとビールを食べている光景!
(「치킨」(チキン)と「맥주」(メッチュ/ビール)を合わせて、「치맥」(チメッ)という言葉もあります。)

私も漢江でチメッがしたいです。

驚きのチキン専門店の数

韓国料理と言えば、キムチや焼き肉、参鶏湯といったイメージがありますが、実は「チキン」も国民食とされています。

チキンは老若男女問わず好まれていて、既に「韓国料理」と言っても過言ではないぐらい独自の発展を遂げています。

また、韓国人に「ビールによく合う食べ物は?」と聞くと、多くの人が「チキンでしょ~」と答えるのではないかと思います。

そんなビールと一緒に楽しめるチキン専門店が韓国にはたくさんあります。

なんと!その数は3万店舗以上と言われており、世界中のマクドナルドの店舗に匹敵する数なんです。
(ちなみに、世界で最も多いフランチャイズ店はセブンイレブンで5万6000点以上、続いてサブウェイが続き約4万5000店、そしてマクドナルドが約3万6000店となっています。)

それ程、韓国ではチキンが愛されているのです!

チキンの歴史

私が調べた限り、韓国のチキンの歴史は急速に発展していきました。

1800年代は油は高級品だったので、一般庶民にチキンのような揚げ物は出回りませんでした。

スポンサーリンク

1900年を過ぎると、ソウルには中華料理屋ができ始め、徐々に揚げ物も広まって行きました。

この頃からチキン(フライドチキン)も始まったとされています。

そして、1980年代になると「ペリカーナチキン」という店が出した、甘辛味のヤンニョムチキンが全国的に大ヒット。

1990年代になると「BBQ」がチキン専門店として大きく発展して行きました。

その後は、「校村チキン」「グプネチキン」「BHC」などが、ありとあらゆるチキンのヒット商品を出し、今や旅行をするとチキン専門店を見ない日はないぐらい、韓国のチキンは日常生活に浸透しています

魔法の大根

韓国には、本当にたくさんの種類のチキンがあります。

しかし、どの専門店にもあるメニューは、衣をつけて揚げたシンプルな「フライドチキン」と甘辛いタレを絡めた「ヤンニョムチキン」です。

これらチキンとビールやコーラを合わせて食べると最高の気分になります!

また、チキンを買うと必ず付いてくるのは甘酸っぱい大根

치킨(チキン)と무(大根)を合わせて、치킨무(チキンム)と言う名もあるほど、チキン専門の大根です。

このチキンムを食べると、口の中がサッパリとなります!

この魔法のチキンムがあるからこそ、韓国のチキンは活きるんですね!


もちろん日本にもチキンはあるので、「え?韓国に行ってチキン!?」と思う方もいるかもしれませんが、種類もたくさんありますし雰囲気も面白いので、是非専門店に行ってみてください。

つづく

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。