トイレは大事です!え?流せないの!?韓国のトイレ事情

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

こんばんは!

海外に行くと日本のトイレのクオリティーの高さが分かります。

その代表格と言えるのが、ウォッシュレットです。

これは世界に誇れる日本の技術だと思います。

普及して行った理由として、日本は軟水のためメンテナンスが比較的容易ということ、日本ほど水が綺麗な国は世界中探しても非常に稀である、ということです。

また、風呂とトイレが別なためコンセントの設置ができるなど、色々な要因があるそうです。

今回は日本人の視点から韓国のトイレ事情について書きたいと思います。

衛生面

まず気になることは、韓国のトイレはキレイなのか?という衛生面だと思います。

結論から言うと、キレイです。

ホテル、デパート、レストラン、カフェなどであれば、日本のような清潔なトイレを使用できると思います。

また、公共施設や駅構内のトイレも比較的キレイな状態が保たれている印象を感じます。

もちろん、どの国でも場所によっては清掃が行き届いてないところもありますので、気になる方は除菌シートなどを持って行くと安心だと思います。

トイレットペーパー

普段、何気なく使用しているトイレットペーパー

日本のトイレットペーパーは柔らかいです。

本当にふわふわと優しいです。

韓国のトイレットペーパーは…と言うより、外国のトイレットペーパーは硬いですね。

また、そのトイレットペーパーがいざという時にないと…残念な気持ちになりますね。。。

でも、安心して下さい。

基本的に韓国はどこのトイレでも、ほとんどの確率でトイレットペーパーが設置されています。

また、入り口付近に大きなトイレットペーパーのロール機が設置されている場合もあるので、そこから必要な分だけ取るスタイルもあります。

でも、完璧ではありません。

ときどきトイレットペーパーが切れていることもあります。

備え有れば患い無し!

流せるポケットティッシュを携帯していると安心でしょう。

スポンサーリンク

共有トイレと注意点

韓国では、食堂やカフェなどのトイレを使用する際は、それぞれの店のトイレではなく、ビル内の共有トイレを使用することが多いです

トイレに行くきたくなったときは、店員さんに鍵を借りたり、トイレの電子ロックを解除する暗証番号を教えてもらうことがあります。

ちなみに、急にトイレに行きたくなっても「コンビニ」で借りようとしてもできない」ので気を付けて下さい。

さらに、トイレでの注意点と言えば、トイレットペーパーは流さずゴミ箱へ捨てることです。

韓国では、まだまだ日本のように下水が整備しきってないところもあるそうなので、トイレットペーパーを流せないところが多いです。

そのようなトイレには、個室にトイレットペーパー用のゴミ箱が設置されているので、そこに捨てれば良いのです。

私は、うっかり流して詰まらせてしまったこともあるので要注意です。


「안녕하세요(アンニョンハセヨ)」と挨拶に加え、「화장실 어디예요?(ファジャンシル オディイェヨ?)」、トイレはどこですか?という言葉を、次に覚える方もかなり多いのではないでしょうか?

それだけトイレって大事ですよね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

つづく

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。