韓国では「Wi-Fi」がコンビニで買えます~ワイパイ~

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

こんばんは!

楽しかった韓国旅行!

現実に戻るのには時間が掛かりました。

それほど友達との過ごしたこの時間は充実していたからです。

日本から地理的にはとても近いのですが、習慣や文化は異なるものを感じました。

その驚きの一つがWi-Fiです。

韓国ではデジタル文化が非常に発達していて、凄い!と感じました。

Wi-Fi-ワイパイ

韓国で、特にソウルでは電波難民になることはないと思います。

Hotelはもちろん、各飲食店でもほとんどの店で無料Wi-Fiが使えます

特にカフェではWi-Fiがないところは、私が韓国に行った限り見たことがありません。

そうですね…韓国のカフェでWi-Fiがないところを探すの方が難しいかもしれません。

そのWi-Fiってどうすれば繋げられるの?という疑問を持つ方もいるかもしれません。

自動的に無料で繋がるもの、無料だけれどもパスワードが必要なものなどさまざまですが、多くはレシートにWi-Fiパスワードが書いてあったり、壁にWi-Fiパスワードが書かれていたりとさまざまです。

もし見つからなければ、「Wi-Fiのパスワードを教えてください。
(와이파이 비밀번호 좀 알려주세요?ワイパイ ピミルボノ ジョム アルリョジュセヨ?)などと難しく言う必要もなく、携帯電話を持ちながら「Wi-Fiあますか?」(Wi-Fi있어요?ワイパイ イッソヨ?)と言えば良いのです。

スポンサーリンク

必ず何らかのアクションがあります。

さらに言えば、もっとシンプルに「Wi-Fi」と言えば大丈夫だと思います(笑)

いつも繋がりたい

移動中などにも随時Wi-Fiが繋がっていないと落ち着かない人には、やはりWi-Fiルーターを借りることが得策ですね。

このWi-Fiルーターを空港などでレンタルして、数日~Wi-Fiを頻繁に使う場合には経済的だと思います。

ただ、ルーターを無くしてないか、ルーターバッテリーは大丈夫かなど、心配性の人には向かない部分があるかもしれません。。。

私もネットで調べたいことがありWi-Fiを探したことがあったので、そのような時にはとても便利で良いな、と思いました。

あれば繋げたい

私が良く利用するのは、コンビニで購入できる大手通信会社KTのプリペイドWi-Fiです。

1日で3300W、4日で9,900W。

短期旅行の方や、ネット利用をホテルやカフェをメインにする人には経済的だと思います。

GS25、CU、セブンイレブン、ミニストップなどのコンビニのレジで「olleh Wi-Fi 1dayはありますか?
olleh Wi-Fi 1day있어요?(オレッ ワイパイ 1day イッソヨ?)」と言えば、プリペイドカードかPINコード付きのレシートを購入できます。

そして、購入先のコンビニやolleh WiFiスポットに行き、鍵マークの付いてない「olleh Wi-Fi」を選択。

そして、PINコードや名前、mailアドレスを入力します。

すると、登録時間内はWi-Fiが繋がります。

ちなみに、olleh Wi-Fiは地下鉄やバス、公共施設ならだいたい繋がる印象があります。


韓国に旅行に行った際には、それぞれの予定でWi-Fiを接続すると、より安心した旅行ができると思います。

でも、敢えてネットを接続せずに現実離れをするのも良いかもしれませんね。

つづく

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。