Nソウルタワーの南京錠で愛を語る~韓国女性との出会い~

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

こんばんは!!

前回の続きです。

愛の南京錠

Nソウルタワーについてもう一つ。

それは、展望施設のルーフテラスに掛けられた大量の南京錠です

本当に多くて驚きます。

愛の南京錠」と呼ばれ、多くの人が、さまざまな想いを誓って鍵を掛けているそうです。

例えば、プロポーズの記念、軍隊などに行く前に愛の約束を。

また、観光で来た外国人も記念鍵を掛けるなどなど、人それぞれの想いがあります。

数万個でしょうか!?

鍵が掛けられているフェンスには、すでに隙間がないほどです。

崩れないか少し心配するほどですが…ちなみに、Nソウルタワーのショップにも南京錠は販売されています

初めて歩く明洞

Nソウルタワーを満喫した我々は、再びバスに乗り明洞へ。

初めて明洞を歩きました。

ここが明洞かぁ!

ここは、日本統治時代には「明治町」と呼ばれ、日本人居住区・商業中心地として発展していました

その発展の面影も残る中、コスメやファッション専門店が多くある他にも、エステ店やレストラン・屋台まで充実しています。

特に、女性には面白い街であろうとの印象を受けました。

スポンサーリンク

韓国の女の子

さて、夕飯ですがHotelの最寄り駅である高速ターミナル駅で食べよう、ということで忠武路駅から地下鉄3号線に乗り換えました。

電車に乗って喋っていると、向かい側の席から女の子がニコニコしながら我々を見ています

気のせいかと思いまた見返すと、明らかにクスクスと笑ってこちらを見ている...すると突然、満面の笑みで「日本人ですか??」と質問されたので、「YES、そうですけど…」と答えました。

さらに、ニコニコしながらこちらサイドの吊革を掴み「私は、日本の大学に1年間留学してたんです」、「あ!そうなんですか!!」。

それから高速ターミナル駅まで会話をしました。

その女の子は韓国の田舎に住んでいるので、ソウル国内旅行に来たそうです。

色々とソウル市内の観光をした後、K-popアイドルにも興味があるらしくこれから事務所を周るそうです。

会話をしていると、「夕飯でも如何ですか?」と誘ってくれたので、「では、文化交流として一緒に夕飯に行きましょう!」と決まりました。

ここで、同世代の韓国人と異文化コミュニケーションができるとは思ってもなかったので、とても嬉しく思いました


電車を乗り継いで江南区方面へ。

つづく

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。