仁寺洞で貴族気分!?韓一館で「韓国宮中料理」を堪能

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

こんばんは!

こうして景福宮の美しさに魅了されて、韓国の街をブラブラ^^

仁寺洞

ぶらりと着いたのが「仁寺洞」。

歩くと、通りには骨董品や小物、お洒落なお店など沢山あります。

私を含め、外国人が多いかなってイメージですね。

ここは、地下鉄3号線「安国駅」~「鐘路3街駅」の間にある一本道。

元々は、王朝時代に両班(ヤンバン)と呼ばれる貴族や官僚たちが住んでいた由緒あるエリアです。

なので、王宮である景福宮と昌徳宮の中間にあります

そんなことも意識しながら歩くと、違った目で見れて面白いかも。

そうそう、裏路地はかなり入り組んでいるので迷わないようにして下さいね!

韓一館

仁寺洞をプラプラした私たちは、夕飯を食べに狎鴎亭へ♪

どこかと言うと、70年の歴史を誇る韓定食店「韓一館(ハニルグァン)」。

ここは1939年創業。と言うことは、日本の植民地時代からあるお店なんですね。

これまでに、李承晩(イ・スンマン)大統領や朴正煕(パク・ジョンヒ)大統領など、歴代大統領も通った由緒あるお店です

名前の通り、韓国で一番美味しい店と言っても過言でないくらい美味でした。

また、お店に入ると受付スタッフがいて高級店の印象を受けます。

韓国のデパートのような接客を受けるため、慣れてないとオロオロするかもしれませんが、細かい気配りもしてくれるので満足度が高いと思います。

スポンサーリンク

おすすめ!コース料理

個人的には、上記の写真のような多彩な料理を味わえるコース料理がおすすめです。

勿論、値段は張りますが、店の雰囲気と調和した料理は、見た目が鮮やかで美しく、上品で淡白な味わいで優雅なひと時を堪能できることは間違いありません。

ここは何度も行きたいと思える店でした。


こうして、韓国宮中料理を堪能した私たちはHOTELに戻り直ぐに就寝。22時には寝ていましたね^^;

もう、前日からの緊張感とワクワク感!、思った以上の充実感…最高の一日でした!!

つづく

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。