韓国の新幹線「KTX」の予約方法~最新の時刻表と路線図~

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

こんばんは!

前回は、韓国旅行初日について書きました。

今回は2日目に乗った「KTX」について紹介したいと思います。

チケットの予約方法

2日目は、ソウル駅発のKTXで釜山駅に向います。

KTXのチケットは事前にKORAILHPで予約できます。
(日本語での予約は右上のLanguageを日本語にしてください。)

この画面では、日付や行先を入力してInquiryボタンを押します。

この画面で予約をするのですが、赤丸◯を押すと料金がでてきます。

緑丸◯で「First class」か「Economy class」を選びます。
(First classはシート横3列、Economy classはシート横4列で、前後の広さに大きな違いがあります。飛行機のEconomy classとBusiness Classぐらい違いがあります。)

この画面では、名前やパスポートナンバーなど入れて行きます。

この画面では、クレジットカードの番号を入れます。

決済が完了すると、自宅のプリンターで乗車券を印刷できます。
(印刷機がない場合は、ソウル駅の窓口でチケットを無料で発行してくれます。※パスポートは忘れずに!)

スポンサーリンク

キャンセル料

キャンセル料は、「乗車2日前まで無料」「1日から1時間前まで、400ウォン(約40円)」「出発1時間以内は運賃の10%」。

列車出発後は、「出発から20分以内は乗車券の15%」、「出発から1時間以内は乗車券の40%」「到着駅の到着時刻までは乗車券の70%」は、窓口にて返金されます。

このように出発前は、非常に安いです。

安心料として予約しておくことをおすすめします。

その他

【駅】

ソウル駅のKTXホームは、信用乗車方式が適用されています。

日本のように、駅とホームの間に自動改札機がなく、駅員による乗車券のチェックもありません。

乗車券を持ってそのまま入口を通過します。

どこの駅も出入口は大概1ヶ所のみなので、迷うことはありません。

KTXは、20分前から乗車できます。

電光掲示板を良く確認し乗り場を間違えないように乗車します。

【車内】

KTXは全席禁煙です。

車内では、車内販売が往復します。

現金でもクレジットでも支払いは可能です。

ちなみに、日本のご当地駅弁のようなものは販売されていません。

【注意】

年に2回あるKTXの乗車が困難な時期があります。

秋夕(チュソク)旧正月(ソルラル)の休み期間中は、帰省ラッシュのため、KTXの予約は難しいです。

その期間は、地方への移動を控える方が賢明だと思います。

【時刻表】

ここをクリックしてください。
(Excelで表示されます。)

【路線図】

ここをクリックしてください。


所要時間は、ソウル駅から釜山駅まで約2時間30分かかります。

座席に関しては、予算に余裕があるなら「First class」がオススメです。

静かで座席がゆったりしているので、とても快適に過ごすことができます。

是非1度、KTXに乗って地方へ旅してみてください。
つづく

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。