韓国へLCCで安く行く(セール)~キャンペーンとホテル予約サイト~

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

こんばんは!

今回は、わたりんごの韓国旅行記を書きたいと思います。

再び、冬の韓国にやってきました。

1月中旬のソウルです。

それまで旅行会社を通じて韓国に行っていましたが、自分達で航空券とホテルを予約して行きました。

私が利用した航空会社とホテル予約サイトについてまとめてみました。

韓国初の格安航空会社

航空会社はチェジュ航空を利用しました。

この航空会社は、韓国の済州島(チェジュ島)を拠点とする韓国初の格安航空会社(LCC)で、2005年1月に設立されました。

LCCとは、ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称で、効率的な運営で低価格の運賃で運航サービスをする航空会社です。

そのチェジュ航空の運賃(LCC全般)は、片道が基本です。

往復の場合も片道を2回予約します。

チェジュ航空の場合、運賃は「特別運賃」「割引運賃」「通常運賃」の3つに分かれています。

この違いは、「通常運賃」は内容が充実している、「特別運賃」は安いけど他の運賃に比べて内容が劣る、「割引運賃」はその中間です。

例えば、「受託手荷物」については「通常運賃」の場合は20kg×1個、「割引運賃」は15kg×1個まで無料となっています(3辺の和が203cm以内)。

しかし、「特別運賃」はなしです。

その他には、「変更手数料」や「取消手数料(キャンセル料)」の違いもあります。

①変更手数料と②取消手数料(キャンセル料)につていは、片道につき、

①通常・割引・特別運賃では、500円・1,500円・4,000円かかります。

②通常・割引・特別運賃では1,000円・3,000円・5,000円かかります。

機内持込手荷物」については、全ての運賃で同じサービスです。

その大きさは、縦40cm、横55cm、高さ20cmの3辺が115cm以内まで、重量が10kg以内のもの1個まで、となっています。

さらに、チェジュ航空には「JJ Club」というポイントサービスがあります。

チェジュ航空のみ使用でき、航空券購入額1,000ウォンごとに1Pを付与します。

これは、事前座席指定・無料航空券などに交換できます。

このように3種類の運賃には、荷物や手数料で違いはありますが機内のサービスはまったく同じです。

また、チェジュ航空に限らずLCCに関しては、機内食がなく座席間は狭いですが、サービスについては大手航空会社と変わらない水準です。
(欠航時の保証がない、マイルがつかないetcはあります。)

私は、LCCを利用する場合は、日本‐韓国間の飛行距離が短いので、バスや電車に乗る感覚で行っています。

キャンペーン

格安航空会社(LCC)にもキャンペーンが存在します。

激安価格で海外旅行が楽しめてしまいます。

このLCCのキャンペーンについては、情報がすべてです。

スポンサーリンク

キャンペーン情報を見逃さないためのポイントは、

LCCキャンペーンサイトに登録しておく

LCC航空会社のメルマガを購読する

Twitterで航空会社をフォローする

これで、ほとんどの情報を得ることができます。

しかし、情報を得たからと言って、必ずしも希望日に航空券を予約できるわけではありません。

セール開始直後は、サーバーがパンク状態になる事が多いのです。

本当に繋がりにくいです。

しかし、繋がらないと言ってすぐに諦めてはいけません

エラーメッセージがでない限りは、やり直しはしないで、とにかくそのまま待つのです。

しばらくすると検索結果が表示される可能性が大です。

焦らずに根気強く粘りましょう!

ちなみに、アプリを使うと予約がしやすいとよく言われます。

パソコンとスマホアプリを併用して予約をするのも1つの手です。

ホテル予約サイト

ホテルズドットコム(Hotels.com)は、宿泊施設のオンライン予約サービスです。

私なりにまとめてみました。

ホテルズドットコムは、ホテル情報も豊富で、宿泊料金が割引されていることが多いので、お得感があるのが特徴です。

また、10回利用をすると、10回分のホテル平均購入価格で1泊分が割引、若しくは無料になるHotels.com Rewardsサービスがあるのもとても魅力です。

さらに、ホテルについての利用者からの口コミがあるので、非常に参考にできます。

その他、前々日までキャンセル料がかからないことが多いので、とても安心できます。

非常に使いやすいため、私は現在もこのサイトにお世話になっています。


もし、LCCに抵抗がなければ利用してみる価値は十分にあると思います。

浮いたお金をホテル代にすることもできますし、贅沢するのも良いと思います。

とにかく、安く旅行ができるに越したことはありません。

さまざまな選択肢を持っておくのも良いかと思います。
つづく

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。