やはり面白い、おすすめ韓国ドラマ-ラブコメ~ミスコリア~

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

こんばんは!

前回までは、韓国の整形事情について書きました。

韓国の整形事情①~割合は?美の基準は?整形をする理由~

韓国の整形事情②~理想の美男美女が揃う韓国芸能界と整形ランキング~

韓国の整形事情③~美肌・アンチエイジングが最高のトレンド~

韓国の整形事情④~韓国で整形手術をする理由とポイント~

今回は、この「美」に関する韓国ドラマについて書きたいと思います。

そのドラマ名は、「ミスコリア」というドラマです。

主な登場人物

キム・ヒョンジュン役‐イ・ソンギュン

「VIVI化粧品」社長。

ソウル大学をでた後、学校の仲間と集まって化粧品会社を創業した。

名もない小さな会社のため、投資をしてくれるところがないため、ミスコリアを排出して有名になろうと必死。

高校時代の元彼女、オ・ジヨンに社運を賭けることに。

オ・ジヨン役‐イ・ヨニ

ドリーム百貨店エレベーターガール。

高校時代は学校のマドンナ的存在。

彼女が唯一心を許した元彼氏キム・ヒョンジュンが、突然に現れてミスコリアの提案を受ける。

コ・ファジョン役‐ソン・ソンミ

VIVI化粧品研究室長。

化粧品の研究・開発を担当している。

彼女なしでは、VIVI化粧品を語れない。とても美人でクールな女性だが、ひょんなことから恋に落ちて行くことに…

イ・ユン役‐イ・ギウ

ヒョンジュンの同級生で投資家。

お金持ちであり、容姿端麗。

ソンギュンは投資を依頼するが…

スポンサーリンク

「企業ハンター」であり「女ハンター」 。 「ヒューマン·パートナーズコリア」と呼ばれる米国内屈指の投資M&A会社の韓国代理。

あらすじ

韓国のミス・コンテストであるミス・コリアを題材にしたラブコメドラマです。

今では、少し懐かしい雰囲気も感じられる1997年頃を舞台にしています。

ちなみに、1997年と言えば、アジア通貨危機の起きた年です。

タイを震源として、インドネシアや韓国などのアジア諸国に波及して起こった深刻な金融危機で、タイ・インドネシア・韓国は、経済に大きな打撃を受け、IMF管理に入りました。

この経済危機のあおりを受けて、VIVI化粧品の社長キム・ヒョンジュンは、自社からミス・コリアを輩出しようと試みます。

ヒョンジュンは、百貨店でエレベーターガールとして活動する高校時代のマドンナ(ガールフレンド)だったオ・ジヨンに社運を賭けることに。

このドラマは、過去のコンクール受賞者や美研究容団体、審査員などへの取材を通して作られているので、とてもリアルで面白い作品だと思います。

感想

設定とはいえ、オ・ジヨン役のイ・ヨニは、ミスコリアを目指すだけのプロポーションを兼ね揃えています。

また、90年代の韓国のエレベーターガールに対する女性を見事に演じています。

それは、エレベーターガールのオ・ジヨンはどんなに辛くても笑顔を失いはしません。

時には、空腹を我慢できずに密かにゆで卵を食べたり、上司から笑顔を強要されることも。

目に涙を浮かべながら「ワイキキ」と言って笑う仕草。

泣けてきます。。。

さらに、クイーンになるために、厳しい練習に耐えて抜群のプロポーションを作り上げて行く戦いが描かれています。

最後の終わり方も個人的には好きです。

ところで、ドラマに出てくるチンピラと研究室長との恋の行方はどうなったのでしょう!?


設定が90年代後半なんおで、懐かしい感じもあり、それがさらに面白さを演出しているように思えます。

華やかな世界の裏には地道な努力は欠かせませんね。

こちらも20話と比較的コンパクトにまとまっているので、良ければみてはいかがでしょうか?

つづく

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。